片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

親戚で結婚・誕生の祝い安心して集まれる「体制」をーN0.89

2022年12月13日

久々に親戚15人での食事会。沖縄・宮古島在住の弟の帰省がきっかけでした。
運動会や盆・正月の祖母宅への帰省も一緒だった自分たち3兄弟と隣家に住む従姉妹。この3年、従妹と弟が相次いで結婚し子どもが生まれました。でも医療従事者と沖縄の離島在住のため、コロナ禍でお祝いもできませんでした。
食事会は7~80代5人のテーブルと、こども&パパママ世代10人の2卓。先に熟年チームにドリンクが運ばれると「早く乾杯しようよ」「まだ?」とわがままな高齢チーム。「じゃあ『練習』しててよ!」と言うと、「そうしよう」「かんぱーい」と始まりました。親戚の集まりでの懐かしい「いつも」の定番。
早く3年前の日常に戻りたいですが、まだ「第8波」の最中。無料のPCR検査や抗原検査キットの配布など、市民が防御できる川崎市の体制づくりが必要です。

(写真は子供たちのプレゼント交換場面)

片柳すすむ

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP