片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート

新川橋交差点で「戦争法の廃止」を求める“スタンディング”をしました

2015年11月20日

戦争法(安保法制)が強行されてからちょうど2ヶ月のきのう11月19日、新川橋交差点・新川橋病院前で戦争法廃止求めるスタンディングを行いました。「平和憲法を守る宮前地域の会」が主催です。8人参加でした。
新川橋病院前は意外と明るくて目立ちます!
毎月の「昼食会」で議論して、毎月の憲法9条にちなんだ「9日」と、戦争法が強行された「19日」に定例化しています。「17時~17時40分」の40分間、スタンディング(立ってプラカードを掲げてアピールする行動)の時間にしています。
プラカードはいつも多めに準備しています。お近くの方はどうぞご参加ください。飛び入り歓迎です。

sinkawabasi2sinkawabasi1

sinkawabasi3sinkawabasi4

昨日も「頑張ってください」と60歳くらいのサラリーマン男性が声をかけてきました。「この間の安倍首相のやりかたどう思いますか?」と聞くと、「ダメだよ」とはき捨てて腕で×印。
他にも「頑張れ~」と声をかけていく人、小さく何度もうなづきながら通っていく人などもいました。
この行動、地域の身近な場所でやるだけに、「地元だと様々なしがらみがあって参加しにくい」「知り合いに会うとどうもまずい」という人もいます。でもだからこそ、やる意味があるとも思います。
そうしたしがらみを乗り越えて参加してくれているみなさんに感謝するとともに、参加できない人も裏方などで力を合わせられる「平和憲法を守る宮前地域の会」にしていきたいと思っています。

国会前に何万人も集まる集会ももちろん大事ですが、こういう地元の主要な交差点のあちこちでアピールする人たち増えるとインパクト大ですね!!

ブログ新着記事

PAGE TOP