片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート

市長に『統一協会の行政への関与にかかわる申し入れ』を行いました。

2022年8月31日

8月31日、市長に対し表記の申し入れを行いました。

各地で統一教会やその関連団体による、自治体や関連の強い団体などへの寄付、自治体等による統一協会等への後援などの事態が明らかになる中、日本共産党川崎市議団の調査で同様の「寄付の受領」「統一協会関連団体主催のイベントへの後援」「市の関連団体のイベントへの統一協会関連団体の参加」の実態が明らかになりました。

霊感商法や多額の寄付などの被害を生んでいる同協会の活動に、市や市と関連の強い団体が「お墨付き」を与えるようなことがあってはなりません。

市に対して、この他にも統一協会とのかかわりがないのか調査を行い事態を明らかにするとともに、統一協会からの脱会相談などの窓口を設置するように求めました。

秘書課長に対応して頂きました。

統一協会(世界平和統一家庭連合)の行政への関与にかかわる申し入れ

川崎市長 福田紀彦様

2022年8月31日

日本共産党川崎市議会議員団

団長 宗田裕之

統一協会(世界平和統一家庭連合)は宗教ではなく、悪質な霊感商法などを組織的に繰り返す反社会的なカルト集団です。2009年11月の統一協会の霊感商法に関わる裁判の判決では、被告らが通行人を誘い「先祖の因縁を払うには印鑑を変えること」などと迫って高額の印鑑を買わせた手口について、「巧妙で悪質」と指摘。さらに判決は、統一協会の「信仰と混然一体となっているマニュアル」をもとに「統一協会の信者を増やすことをも目的」として行われたものであり、「相当高度な組織性が認められる継続的犯行」だと認定しています。

この間、統一協会が各地で行政とかかわっていることが明らかになっています。熊本県や鹿児島県、鹿児島市、奈良市などで、統一協会の関連団体が主催する行事を行政が後援していたことが明らかとなっています。

また、統一協会や関連団体による寄付を行政とその関りの強い団体等が受けている事実も次々に明らかになっています。東京都足立区は「新型コロナウイルス対策」などとして、統一協会から合計2回77万円の寄付を受けていたことが明らかになっています。また、高津区の統一協会のウェブサイトには、同協会の行ったチャリティバザーの売り上げ2万8千円を、高津区社会福祉協議会に寄付したとの旨が記載されています。

その他にも、本市の事業や本市が後援した事業などで、統一協会や関連団体のメンバーが講師を務めることがあったのではないか、疑念を持たざるを得ません。

市が、統一協会やその関連団体が行政に関わっていた事実はないのか徹底的に調査して市民の前に明らかにすること、霊感商法など統一協会の被害に遭った市民や元信者などに対する相談窓口を設置することを要望するものです。

1, 本市や本市と関りの強い団体などが、統一協会や関連団体や関連イベントなどについて、寄付を受けたり、後援・共催・協賛などを行ったりしたことがないのか調査を行い、事実を明らかにすること

2, 市の事業や市が後援したイベント等について、統一協会や関連団体にかかわる人物が講師を務めるなどのかかわりを持ったことがないのか調査を行い、事実を明らかにすること

3, 統一協会などの被害をはじめ脱会・脱退にかかわる相談窓口を、本市として開設すること。

以上

▼申し入れ文書とともに提出した資料①

2020世界平和女性連合コンサート

20220831203548-0002

▼資料②

国際交流協会1

国際交流協会2

▼資料③

統一教会 高津サイト

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP