片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

異常に続く物価高騰、暮らしに寄り添う政治こそーNo.84

2022年7月19日

 スズメやヤモリ(爬虫類が苦手な人はすみません…)など、身近な小さな生き物が好きで、見かけると写真を撮ってしまいます。ヤモリは「家守」と言われ、ゴキブリなどを食べてくれるそうです。
ヤモリのシルエットも、凛々しい朝のスズメも素敵です。
 「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」という言葉があります(ツバメやスズメのような小さな鳥は、大きな鳥の志など分からないとの意味)。しかし自分はそうではなく、スズメやツバメに例えられるような「小さいもの」の立場に居つづけたいと思っています。
 6月議会の代表質問で、深刻な物価高から市民のくらしを守るよう市長に求めました。こども~青年期までの支援は弱く、特養ホームや75歳以上の医療費2割負担にも対策はなし、中小企業への直接支援も行おうとしませんでした。自分は常に市民のくらしの現場に居て寄り添い、その方向に政治を変えたいと思います。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP