片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

『ヘイトスピーチ反対』を粘り強く訴え続けます‐No.78

2022年1月15日

 川崎駅東口で「〇〇人を射殺せよ」「〇〇など日本には要らない」などのプラカードなどを掲げた宣伝が数ヶ月ごとに行われ続けています(〇〇には実際の国や民族の名前が入っていました)。12月12日にも同様の街宣が行われ、私たちも「ヘイトスピーチ反対」を広く市民に訴えました。
私に向かって「日本から出ていけ、祖国に帰れ」などと発言する男性がおり、私は「条例に反する差別発言であり許されない」と近くの皆さんに周知しました。
多くの皆さんが、親指を立てたサインや会釈、ガッツポーズ、「そういうことだったのか」というような納得した顔での頷きなど、激励をたくさん頂きました。
『差別のない人権尊重のまちづくり条例』制定から2年。一筋縄ではいきませんが、粘り強くヘイトスピーチ反対を訴え続けます。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP