片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート 議会活動報告

スポーツは国民の権利―身近にスポーツ施設を

2021年8月1日

7月29日の文教委員会で「『川崎市スポーツ推進計画』の改定について」の報告がありました。今後10年間の川崎市のスポーツに関わる計画を定めていくものです。
市の報告でも、若い世代はスポーツを『もっとやりたい』と思っているのに実施率が低く、市民が求めているのは『気軽にできる実施場所の確保』(63・7%)など、課題は身近なスポーツ施設を増やすことなのは明らかです。

20210910181132-0001 (002)
 しかし、報告にはスポーツ施設を増やすことも、築40年以上の老朽化施設の建て替えすらも盛り込まれませんでした。

 また、2年前の文教委で「障害者スポーツ文化施設等建設に関する陳情」採択されたのに今回の報告では一切触れられていないことも指摘し、障がい者スポーツ文化施設の具体化を求めました。

 スポーツは憲法に規定された国民の権利です。市がスポーツ施設を整えなければ「お金に余裕のある人は有料のジム・貧乏な人は河川敷でランニング」などということになってしまいます。誰もがお金の有無に関係なくスポーツを楽しめるよう身近なスポーツ施設などを整えるよう求めました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP