片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート

「家族全員コロナ感染した」「職場の同僚が感染、どこで検査できる?」

2021年8月10日

昨日・今日と深刻なコロナ関連の相談が次々。

◆昨日

良く知る青年Mさんから「実家の家族がコロナに感染した」と連絡。お母さんが肺炎になり119番通報したものの「自宅療養」となり(おそらく病院は満床)帰宅。あまりに苦しそうで何度か保健所に連絡しても「大変なら119番に連絡を」と言われるだけ、と弱っていました。私からは「ためらわずに119番にかけて」と伝えました。引き続き連絡取り合います。

◆今日

派遣で清掃などのWワークをしているNさん。一昨日清掃職場の同僚の息子がコロナ陽性で、きょう同僚も陽性判明。普段から昼食は狭い場所でマスクを外して食べている。濃厚接触のはずだが保健所から連絡なし。会社からPCR検査を受けろと言われているが、診察券を持っている病院は全部断られた。どこで検査を受けたらいいのか?との相談。

区内の病院に聞くと、PCR検査は症状のある人でさえかなり待ってようやく検査を受けられる状況で無症状の人は断らざるをえない、とのこと。Nさんは手元にあった抗原検査キットでは「陰性」。事務所近くの薬局に相談したら「1~2日前に感染していても抗原検査は反応しない可能性があるので、3日後位にもう一度検査を」とのこと。

保健所も医療機関も大変な状況です。いまは何よりも「かからないこと」「うつさないこと」に全力を尽くすしかありません。自治体にも今やれることを引き続き求めていきますが、最大限の警戒をお願いします。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP