片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

質問後に作られた「パンフ」‐No.69

2021年4月11日

1面の「人権条例」の質問の後、条例の内容を知らせるパンフレットが作成されました。予特委員会の時から進んで「誤った情報を正す」発信に踏み込んだ印象です。
「外国政府や外国人の批判や悪口を言えば罰金」について、パンフは「宴席での会話、外国政府の批判を理由として批判する表現等は該当しない」などと反論しています。
また「日本人に対する差別的言動も規制すべき」などという誤解についても『過去に(本邦外出身者排斥の)デモが繰り返し行われたため「条例による規制が必要」と判断した。一方「日本人差別」は、立法事実がないため条例による規制は必要ないと判断』と明快に反論。
ヘイトスピーチを許さない市民の皆様の力を元に、私の質問も若干後押しできたかな、と思います。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP