片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

人権条例とヘイトスピーチ‐No.61

2020年8月12日

 

 7月1日、大きな二つの前進がありました。一つは1面で取り上げた「パートナーシップ宣誓制度」が開始されたことです。
 もう一つが「差別のない人権まちづくり条例」が完全に施行されたことです。私が議員になる前から、この問題にかかわってヘイトスピーチが危惧される現場に必ず立ち、ヘイトスピーチは許されないことを訴え、通行する市民の皆さんにも「いまここで何が起こっているのか」を知らせてきました。
 7月12日、この間民族名をあげて「射殺せよ」などとしたプラカードを掲げた勢力がまた、川崎駅で宣伝行動を行いましたが、条例が罰則付きで禁止した「不当な差別的言動」はできませんでした。引き続き差別のないまちづくりへ、市民の皆さんとともに力を尽くします。

ヘイトスピーチに反対して訴える(左から)片柳進市議、畑野君枝衆院議員、後藤真左美市議

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP