片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
議会活動報告

大師・田島支所の窓口業務・川崎区役所への一元化は拙速

2019年11月29日

11月21日の市議会文教委員会で「川崎区役所及び支所の機能・体制に関する基本方針(案)について」の報告が行われました。①支所・地区健康福祉ステーションの申請・届出業務を区役所に一元化する、②支所庁舎の建替えに向けて取り組む、というものです。
この「案」で提案された大師・田島支所の建替えは必要ですが、これまで支所で行えた「国民健康保険」「国民年金」「介護保険」「後期高齢者医療」「高齢者・障害者支援」「児童家庭支援」「生活保護」などの業務は、区役所でしかできなくなってしまいます。今後、大師・田島支所で可能となるのは「戸籍・住民票・印鑑登録」と最新の課税証明書の発行程度しかなく、あとは地域の居場所や町内会支援などの機能だけです。

区役所支所
市民文化局の示した資料では、支所の利用率が高いのは『公害患者』『高齢者』『子育て世帯』『生活保護』など、社会的に大変な層にかかわる申請です。
「近くに支所があるからこそ行政サービスを利用できるけど、遠い区役所までは行けない」という事態になりかねません。生活に密着した業務を区役所に集約すべきではない、と求めました。

支所での届出申請率

パブコメにご意見をお寄せください。

http://www.city.kawasaki.jp/templa…/pubcom/…/0000111897.html

市民説明会が以下の日程で行われます

■川崎区役所7階会議室
12月15日(日)13時30分~14時30分(定員80名程度)
■大師支所2階会議室
12月19日(木)18時30分~19時30分(定員60名程度)
■田島支所3階会議室
12月20日(金)18時30分~19時30分(定員60名程度)

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP