片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

「少年団キャンプ」と子どもの成長‐No.49

2019年8月19日

 『もくもく村キャンプ』に参加してきました。川崎・横浜で活動する5つの少年団(子どもの遊びのための集まり。小~中学生が参加)によるキャンプで、高校生以上の指導員がこどもをサポートして自主的に活動し、社会人による事務局が運営を担っています。
 私のつれあいは指導員として毎年参加してきましたが、私も子どもが生まれてから参加し始めました。これまでは乳幼児と親の「親子村」での参加でしたが、長男は今年から「こども村(小・中学生が指導員とともに生活する)」で3泊4日過ごしました。
 3日目の夜に到着した私が遠目にちらっと見ただけでも長男の顔はたくましく見えました。
 帰ってからも長男の話が止まりません。長男の考案したゲームが村全体での遊びに採用されたり、お兄さんお姉さんとかまどで食事をつくったり。子どもは、子どもの集団の中でこそ大きく成長するのだとつくづく思いました。

 

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP