片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート 議会活動報告

渡りきれなかった歩行者信号「青」が7秒延長ー「藤崎保育園入口」交差点

2018年8月17日

(片柳すすむ市政報告第38号に掲載)
片柳市議は「藤崎保育園入口」交差点の歩行者用信号について、子どもや高齢者が多いことと「信号がすぐに変わってしまい不安」「渡りきれず困っていた車いすの方を助けた」など住民の声を紹介。現地で確認したところ20秒前後で「赤」に変わってしまう信号の改善を求めました。
市民文化局長は「警察は『要望を受けている』とのこと。市からも早い実施をお願いした」と答えました。

2○藤崎保育園入口

1藤崎保育園入口


質問の後の7月中旬頃、以前は22秒だった「青」信号が29秒へと時間延長が実施されました。

横断歩道・停止線が見えない―交差点の安全確保を

片柳すすむ市議は、小田1丁目交差点、旭町小学校前の交差点などで、停止線も横断歩道の白線も消えて非常に見えにくいまま放置されていることを指摘。「車の交通量が多いうえ直線道路が続きスピードも出やすい」「歩行者・自転車も多い」と述べて、線の引き直しなどの対応を求めました。

3○旭町小ローソン前

4○KIMG2476

私も市議会でとりあげましたが、後藤まさみさんも住民の皆さんとの現地調査、共産党県議団との相談と県への要望活動などの先頭に立って奮闘してくれました。
また共産党県議団が6人へと躍進し、川崎市にも中原区の君嶋県議がいることで、相談がしやすく要望も取り上げやすくなったことも大きな力です。

さらに大きな議員団をつくり、市民・県民の願いが実現するようにがんばります。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP