片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート

市立川崎病院に「救命救急センター」など増設-風害などの影響を指摘しました

2018年5月23日

市立川崎病院(川崎区新川通)の再編整備基本計画(下図参照)が発表されました。
がん診療機能を拡充するとともに、病院西側(新川通町内会館前)敷地内の公園エリアに4階建ての「救急救命センター棟」が増築(2025年度までに予定)されます。現在、地下にあり浸水の恐れがあるエネルギー関係設備は、現在の駐輪場に建設(2021年までに予定)することとされています。駐輪場は東側(現在のバイク置き場)に移設、バイク置き場はその隣に整備される予定です。
健康福祉委員会で、日本共産党は「病院西側は現在もビル風が強く、地域住民が対策を要望してきた。増築による風害の影響をどう考えるか」と質問。病院局の担当者から「4階建てであり影響はないものと思う」との答えがありました。

市立病院再編計画

(健康福祉委員会資料より)

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP