片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
活動レポート

「新川橋交差点スタンディング」50回記念/日進町でまちかど演説

2018年3月12日

3月9日には、「平和憲法を守る(川崎区)宮前地域の会」が毎月9日と19日に行っている『新川橋交差点スタンディング』、記念すべき50回目に参加しました。「雨の日も風の日も」ではなく、「雨が降ったら辛いから休み!無理せず長く続けよう」と少ないときは3人でも、ゆる~く安保法制強行前から続けてきました。しいば寿幸参院予定候補(比例)も初参加!

新川橋スタンディング しいばUPトリミング
私はいつもどおり憲法を守る署名を訴える係。吸い寄せられるように書いてくれる人たちがいました。女子高校生3人組とも対話し、「憲法9条知っていますか?」「知りません」とのことで簡単に説明、はにかみながら署名してくれました。
「『自衛隊』を憲法9条に書き込んだら何ができるようになる?」と聞く新しいシールアンケートも初披露。小学生とお母さんの家族連れと対話しました。さすがお母さんは「海外で無制限の武力行使ですかね?」と。これを使って改憲の焦点は「日本を守る」ためでも「自衛隊の皆さんの苦労に報いる」ためでもない、ということを対話で広げていきたいと思います。

プレゼンテーション1

3月10日は、党八丁畷後援会・労働者後援会が共同して毎月取り組む「統一行動」でした。しんぶん赤旗のおすすめ、後援会への入会(無料ニュース購読)おすすめ、ハンドマイクでの音出し宣伝の3本立てです。
私は音出し班で演説を担当。日程が合わなかったり、拡大班に入ることが多かったので久々にこの地域で演説できて気持ちよかった!スタートしようとしたらお子さんを連れて遊ばせているお母さんが。あれ?どこかで見た人?と思ったら、鍼灸院でお世話になったY先生(元)でした。「頑張ってくださいね」とあたたかい激励をいただきました。

森友疑惑とともに、代表質問でも取り上げた「川崎アプローチ線」、最低でも300億円をかけて赤字必死の路線を開発しようとしている問題(http://www.katayanagi-susumu.jp/archives/2498)を、ご当地で演説しました。路線予定地沿線にある日進町の簡易宿泊所前でも演説。住んでいる男性3人、管理人さん1人が外に出てきて激励してくれました。労働者後援会のFさんの軽妙に市民にすっと入り込むような語り口にはいつも学ばされます。

KIMG0914KIMG0911

後日、Y先生の夫さん・鍼灸院のA院長とも話したら、「進さんが拡声器で住宅地のマンションとかに向かって演説している、と聞いて『そこまでやるんだ?!すげー!』って驚きましたよ。自分ももっと頑張らないと、と思いました」と話していました。自分たちには「いつもの宣伝」だと思っていましたが、やはり価値ある行動ですね。もっと大胆に街中に打って出たいです!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP