片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
議会活動報告

中学校給食を現地視察&試食

2017年11月11日

ことし9月から南部センター地域ではじまった中学校給食(中部・北部は12月から)。11月10日の文教委員会で御幸中学校(幸区)に行き、配膳や昼食の状況を視察するとともに、実際に試食もさせていただきました。

KIMG0124_t

当日のメニューは〔麦ごはん、さんまの蒲焼、切り干し大根のさっぱり和え、ジャガイモのみそ汁、牛乳〕でした。

KIMG0128

中学1年生の配膳の様子を見学すると、体格のいい男子生徒が高く山のようにご飯を大量に盛り付けていました(写真)。

KIMG0127_t

おかわりや給食当番などのルールは、各学級で生徒たちが決めているそうです。

実際に試食すると、ずっしりとお腹にたまる感じでした。汁物も温かいまま頂けました。しかし南部給食センターから4~50分程度かけて届けている宮前区の中学校(当初の教委の計画では80分かけて届ける中学校もありましたが、2年前の総務委員会で指摘して改善させました)ではどうなのか、教育現場では負担と感じていないかなど調査し、引き続き安全安心でおいしい給食を実現していきたいと思います。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP