片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

雷雨の中の男の子 -No.27

2017年9月11日

7月から8月にかけて町会の盆踊り大会が行われ、私も自宅近くで開催した「第46回ふるさとかわさき盆踊り」の実行委員長をつとめました。
友人に「子育て世代の貧困が広がり、休みに旅行に行けない子どもも増えている中で、近所で盆踊りを開催するのは大事」と指摘され、改めてその価値を自覚しました。
激しい雷雨で多摩川花火大会も中止になった8月19日、私たちの盆踊りも中止としましたが、夜7時過ぎの盆踊り会場に小学校1年生くらいの男の子が、雨の中遊具で遊んでいました。
「まだ遊びたい」という彼に「雷が落ちたらあぶないよ」と声をかけ、なんとか自宅に送り届けることができて、ほっとしました。
地域でつながり、市民の暮らしをあたたかく支える市政をつくり、みなさんと力をあわせ、住みよい川崎区をつくっていきたいと思います。

ブログ新着記事

PAGE TOP