片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

核兵器禁止条約 -No.26

2017年8月19日

7月7日、国連で「核兵器禁止条約」が採択されました。「核兵器をなくす」ということは私が政治に関わった初心の一つです。学生・高校生たちと「ヒロシマ・ナガサキツアー」で毎年、被爆者の話を聞きました。被爆者のKさんの「自分が生きているうちに、核兵器をなくしたい。なくすまでは死ねない」「いつも核兵器の話をしているが、戦争の恐ろしさも話したい」との言葉が思い出されます。Kさんは核兵器禁止条約の成立をみることなく亡くなりました。どれだけ無念だったでしょうか。
日本政府は「条約に署名することはない」と言い放ちました。条約を力に、核兵器を北朝鮮に廃棄させ、米・ロなどにもなくすよう求めていく、本来なら日本こそ、その仕事をすべきです。被爆者の思いを我がものとして、自治体の草の根から実現を迫っていきます。

ブログ新着記事

PAGE TOP