片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

どんな相談でも気軽にどうぞ -No.24

2017年6月10日

市議会議員になって2年が過ぎ、様々な相談を受けることが増えてきました。
「親娘2人暮らしだったが、娘が『結婚したい』という。私の年金と娘の給料で家賃と生活費に充てていたので、娘が新居に移ったら生活できなくなる」との相談や、「保育園に入れない」「道路の白線が消えかけていて危ない」「歩道のタイルが盛り上がっていてつまづいた」などです。
 はじめの親娘も役所と不動産屋さんの協力で生活の展望ができ、安心して転居することができました。道路のこと、保育園のことなども、市民がより良く安心して暮らしていくための大事な声です。「くらしの相談センター」の相談活動が、私の議員活動の原点です。ひきつづき身近な声を気軽にお寄せください。

ブログ新着記事

PAGE TOP