片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
議会活動報告

八丁畷駅前の安全対策―暫定的に2m幅の歩道・横断歩道前の空間を確保

2016年12月20日

八丁畷駅前の安全対策・暫定整備をすすめるべき

八丁畷駅前の交通安全対策について、建設緑政局長に伺います。ディスプレイお願いします。以前の状況はこのように車の滞留などもあると見通しが利きにくい状態でした。
それがこの間の対応で駅東側の見通しがかなり良くなり安全性も改善されたと感じています。

八丁畷駅前ブログ用(改良前)

↓(上が対応前、下が対応後)

畷駅前

しかし、変則的な五叉路なうえ、小・中学校へ通学する児童生徒、通勤客や地域のみなさんが数多く利用する交差点であり、バスや大型車が大きくハンドルを切らなければ曲がれないという状況は変わりません。
歩行者や自転車・自動車がより安全に通行できるよう、暫定的な整備をすすめることが求められていると思いますが、安全対策の暫定整備の検討状況と現時点での今後の事業の見通しについてうかがいます。

答弁(建設緑政局長)

京急八丁畷駅前の安全対策についての御質問でございますが、
今後の整備につきましては、事業に必要な残り2件の用地のうち1件について、平成29年1月末までに、用地の引渡しを受ける予定でございまして、その後、歩行者の滞留スペースや2メートル幅の歩行空間を確保する暫定整備を今年度末までに完成させる予定でございます。

また、今後の事業の見通しといたしましては、残り1件の用地取得についても、引き続き、交渉を進め、早期に周辺の安全対策に取り組んでまいりたいと存じます。

意見要望

意見要望を申し上げます。踏み切りの東側の鋭角なカーブのところに、車の飛び込みを防ぐためのコンクリートの構造物が置かれています。歩道の安全対策を進めつつ、大型車含めた車も曲がりやすくなるよう、このコンクリート構造物についても、暫定整備の中で、あり方を検討していただくようお願いします。

質問を終えて…暫定的に2m幅の歩道を確保

暫定整備として歩道の拡幅が行われることになりました。下の写真のように駐輪場の入口の先まで狭かった歩道が広がり、横断歩道前に歩行者の滞留スペースも設けられます。ひきつづき、歩行者も自転車も自動車も、安全が確保されるよう取り組んでまいります。

八丁畷駅前 議会報告版

ブログ新着記事

PAGE TOP