片柳すすむ

かたやなぎ 進
日本共産党川崎市議会議員
コラム「日進月歩」

すぐ近くで楽しめる「盆踊り」の意義-No.15

2016年9月14日

160819-194627_小サイズ

第45回ふるさと川崎盆踊り大会が渡田第二公園で催されました。1970年代に地方から川崎に来たみなさんの「川崎でふるさとを感じられるような機会がほしい」との声に応えて地域のみなさんが実行委員会をつくって始まりました。
 盆踊りに参加した方から「子どもの貧困が広がって『夏休みどこにも遊びに連れて行けない』という家庭も少なくありません。すぐ近くで大人も子どもも楽しめる盆踊り大会があるのはとても意味のあることだと思います」と話を伺いました。川崎区の地域のみなさんがそれぞれ盆踊り大会や夏祭りを開いていることには大きな意味があるのだと目を見開かされました。
 誰もが楽しめて地域とつながれる、こういう取り組みをいつまでも大切にしたいですね。

ブログ新着記事

PAGE TOP